Crimson Hexagon Forクリムゾンヘキサゴン・フォーサイトSightを導入して期待される効果

過去の投稿を知る事でユーザーのトレンド変化を察知!
目的に応じた評価軸でソーシャルデータを分析可能!
定量的な情報と掛け合わせて、より価値のあるデータに

過去の投稿を知る事でユーザーのトレンド変化を察知!

ソーシャルメディアはユーザー自身の興味・関心事を表現します。投稿内容もニュースに関する感想や、自身の趣味や出来事を投稿したりと様々。 ソーシャルリスニングツールを活用し、現在だけでなく、過去のトレンドを知ることで、現在の状態が過去からの継続的なものなのか、突発的なものなのかを分析する事ができます。 Twitterにおいては、2010年7月以降の投稿データを全量抽出・分析する事が可能です。 さらに、多言語に対応しているため、外国人の日本における興味関心の移り変わりも知る事ができます。

目的に応じた評価軸でソーシャルデータを分析可能!

ソーシャルデータを分析するにあたり、通常はポジティブ(好意的)ネガティブ(否定的)ニュートラル(中立的)と大きくグループに分かれます。しかし、企業にとって必要な分析は各グループの割合ではなく、ポジティブ(好意的)にはどのような要素があるのか、その要因を把握することが大切です。ツールによってはグループ分けされた内容から要因を手作業で分けなくてはなりません。Crimson Hexagon ForSightは独自アルゴリズムにより、要因分析まで知る事が出来ます。

定量的な情報と掛け合わせて、より価値のあるデータに

ソーシャルリスニングによって得られるデータは定性的な情報のため、分析目的によっては単独のレポートでは、「ビジネスシーンにおいて有効活用できないのでは?」と思われがちです。 しかし、定量的なデータと掛け合わせることで、売上や顧客数などの補完データとして活用する事が出来ます。 Crimson Hexagon ForSightで独自の評価軸で分析したデータを活用し、売上向上の要因や会員が離脱した原因等、ソーシャル上でのユーザーボイスがどう影響しているのかを知る事で顧客ニーズを反映したビジネス展開が可能になります

Crimson Hexagon ForSightを選ぶ3つの理由

新たな発見を導き出す
手助けをします

TwitterやFacebook、Instagramだけでなく、ブログやクチコミサイトなど分析できるソーシャルデータが豊富です。さらに過去にさかのぼってデータを抽出することもでき、特に、Twitterにおいては、2010年7月以降の投稿データを全量抽出・分析できる(Firehose契約)ため、ソーシャル上での過去のトレンドから、未来を予測することが可能です。

ソーシャルリスニングの
業務をすべて網羅

日本語だけでなく、英語、中国語など多言語に対応しており、キーワード件数やデータ容量の制限がなくご利用いただけます。知りたい内容が変化したり、深堀したい場合でも、調査会社に頼らずにお手元で分析可能です。容量や追加費用などを気にすることなくご利用いただけるため、 企業内の部門ごとに目的や知りたい内容が異なる場合でも、部門を横断してご利用いただけます。

自社保有のデータと連携して
さらなるインサイトの深堀

自社で保有する売上や顧客データとCrimson Hexagon ForSight(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト)から出したソーシャルデータを掛け合わせることで、顧客インサイトをより充実させたものにします。ソーシャルデータを自社保有データの補完データとして活用することで、ROIが合わないのではないかという疑問を払拭します。データは、CSVダウンロード、API連携共に可能です。

Crimson Hexagon ForSightの特徴

定量分析

センチメント分析

米国特許取得済みの独自アルゴリズムを使用することにより、従来の「ポジティブ(好意的)/ネガティブ(否定的)」といった固定化された評価軸ではなく、担当者が知りたい要素やアクションにつながる区分などを任意に設定し、分析することが可能です。

時系列推移の分析

日/週/月/時間別のボリューム/割合推移を分析することが可能です。ソーシャルメディアごとの投稿ボリュームも色で可視化します。

アカウント分析

インフルエンサー分析

ソーシャルメディア上の影響力の強い上位10アカウントのツイートを把握できます。※Kloutスコアと連携

頻出トピック

トピック分析

投稿内容から重要なトピックとなるキーワードのボリュームを簡単に発見し、全体の傾向を把握できます。

関連性(クラスター分析)

投稿内で同時に出現する頻度が高い文字と文字の関係性を示す共起パターンを把握できます

頻出ワード分析

出現頻度の高いワードを把握できます。文字が大きく、濃い色ほど、出現頻度が高いことを意味します。

Crimson Hexagon ForSightの活用事例

BRANDING

自社商品・サービスをもつ企業の方へ

自社の商品・サービスが生活者にどのように受け入れられているのかは非常に大切な情報です。使い心地や価格が適正かどうか、デザインが優れているかなど、生活者が抱く印象は、直接聞くことができないからこそ気になるところです。
ADVERTISE

広告代理店、制作会社の方へ

広告が生活者にどのような心理的変化を起こしたかを知ることは、長期的な広告戦略を決定していくうえで重要な要素です。
MEDIA

メディア企業の方へ

今話題になっているニュースや情報について、生活者がどのような感想を持っているかを把握するには、これまである程度長期的な調査を必要としました。

ユーザーボイス

その他にも、
Crimson Hexagon ForSight(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト)は
導入企業様よりこのような評価をいただいています!

BRANDING

お知らせ

販売元

MEDIA

株式会社ブレインパッド

株式会社ブレインパッドはCrimson Hexagon ForSightの日本の総代理店です。