catch-img

一部メディアにて報道のあった当ツールのFacebookデータ取得について

2018年7月に国内、海外の一部メディアにて報道のあった、Facebook社が不正なデータ利用の疑いで当ツール「Crimson Hexagon(クリムゾンヘキサゴン)」へのデータ提供を停止したニュースについてのご報告です。


2018年7月21日にFacebook社が調査目的のため、Facebook社のデータ(Facebook、Instagram)の Crimson Hexagon(クリムゾンヘキサゴン)への提供を一時停止致しましたが、、2018年8月15日にはFacebook社による全ての調査が完了し従来どおりFacebook社のデータ(Facebook、Instagram)へのアクセスが可能となっております。


Crimson Hexagon(クリムゾンヘキサゴン)は各SNSのガイドラインに則ってデータの収集、分析を行っておりアクセス出来るデータはソーシャルメディアを通じて誰でもアクセス可能な公開情報に限られます。

またCrimson Hexagonは(クリムゾンヘキサゴン)は特定の団体、個人への監視目的で利用することを禁止しています。


Facebook社の調査でもユーザーのプライバシーを侵害するような情報の収集、データの不正利用は見当たらず、調査完了後データへのアクセスが再び可能となりました。


Crimson Hexagon社による公式の声明については以下のリンクよりご参照ください。

https://www.crimsonhexagon.com/blog/after-full-review-crimson-hexagon-gets-facebook-and-instagram-data-turned-back-on/


今後共よろしくお願い致します。

1
2

「なぜ投稿されるか」にヒントがある。森永乳業がソーシャルリスニングを活用する理由

株式会社宣伝会議が運営する「AdverTimes(アドバタイムズ、通称アドタイ)」に、森永乳業様のユーザーインタビューが掲載されました。

3

ブレインパッドのソーシャルリスニングツールが、本格的なインスタ分析に対応

ソーシャルリスニングツール「クリムゾンヘキサゴン」では、若者の最新トレンドを、Instagramのハッシュタグだけでなくキャプション・コメントからも把握可能になりました。

4

政治に興味ありますか?第25回参議院議員通常選挙をソーシャル分析で理解する

Crimson Hexagonは、ソーシャル上の生活者データを集計して、世の中の傾向や消費者意見を見つけだすソーシャルリスニングツールです。今回は7月21日に投票日を迎える参議院選挙について分析していきましょう。 

5

第1回Crimson Hexagonユーザー会レポート

2019年10月11日(金)に、ソーシャルメディア分析のプラットフォーム「Crimson Hexagon Forsight™ Platform(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト・プラットフォーム)」として初となるユーザー会を開催しました。 Crimson Hexagonを最近導入された企業様から、長年お使いいただいている企業様まで幅広くご参加いただきました。本ブログでは、当日の様子をハイライトでご紹介します。