Brandwatch
Consumer Research 

AIが統合された次世代のソーシャルメディア・アナリティクスのプラットフォームとしてのプラットフォームとして、過去のWeb上のデータから、現在起きている様々な投稿までリアルタイムでの抽出、分析が可能となります。SNS上でのトレンドや消費者の意見を理解し、ビジネスに必要となる意思決定を強力に支援します。

業界最大級のデータとAIを搭載した、
次世代マーケティングリサーチプラットフォーム  

Brandwatch Consumer Researchが提供するユニークな機能

Iris

Brandwatchの異常値・外れ値の検知テクノロジーが、 “バズ” やつぶやきのピークを検知します。 これにより、マーケットで急激に注目を浴びたテーマを発見し、顧客インサイトを提供します。検知が行われた際には、メールでのアラートを通知すること可能となっており、必要な対策を即時に取れるようにSNS担当者を支援します。

 

Filters

カスタマイズ可能なフィルター機能が搭載されています。この機能を活用すると様々な条件での絞り込みが可能なため、目的にフォーカスをした詳細な分析が可能です。詳細な条件設定により不要なノイズを除去し、目的に合致したデータに絞り込むことにより、新たな、より正しい知見の発見を支援します。

Sentiment

投稿内容から感情を自動的に判断するアルゴリズムを搭載。投稿内容から顧客の感情の状況を可視化することができます。またBrandwatch Analyticsの「カテゴリ」「ルール」などと組み合わせることにより、サイト別、製品別などへドリルダウンしてセンチメントの状況を把握することが可能です。

Brandwatchの事例を見る

・日立レールヨーロッパ
 「政治家とインフルエンサーの特定」
・KONAMI
 「ソーシャルメディアの意見を製品開発に活用」
・ユニリーバ
 「食材のリサーチ費用を大幅にコストダウンを実現」
・EDFエナジー
 「自社のブランドロイヤリティに関する自由用
  事項の確定と、デジタルデータによる測定の
  方法論の確立」
・Grainger
 「ハリケーンによる災害の被害により物資が
  不足しているエリアをSNSで特定し、
  発電機の配送、被害エリアの支援を実施。」