クリムゾンヘキサゴンの事例 

ソーシャルリスニングを効率化する機械学習

自社の商品・サービスがどのように評価させているのか?
どんなきっかけで購入するのか?
他社商品・サービスとどのように比較されているのか。

SNS上にはユーザーの生の声が溢れていますが、人間の力で処理するには限界があります。Crimson Hexagonは、人間の知能とAIを融合させることにより、巨大でノイズの多いソーシャルデータをフィルタリングし独自のアルゴリズムで抽出して、ユーザーインサイトを発見します。

クリムゾンヘキサゴンの特長

豊富なデータ量

Twitter社とFirehose契約を結び、2010年7月以降の全量データが抽出可能

多言語対応

英語、中国語などをはじめ16言語に対応。訪日外国人の投稿や海外でのコメントも収集可能

Instagram分析

複数のハッシュタグ、投稿本文、画像解析まで分析可能

ストレスフリー

スピーディに分析レポートが出せ、利用ID数も無制限

トレンド変化を察知

現在のトレンドはいつから始まったのか?継続的なものか、瞬間的なものか?
Twitterにおいては過去に遡り全投稿を抽出可能なため、興味関心の移り変わりや過去から現在までのトレンドの変化を把握可能

目的に応じた評価軸分析

ユーザーは何に対してポジティブなのか?ネガティブなのか?
他ツールにはない独自のアルゴリズムによる分析により、ポジティブ/ネガティブの要因を分析することが可能

価値のあるデータへ変換

ソーシャルデータを売上などの定量データと掛け合わせられないか?
ソーシャルデータを売上情報、顧客データなどとの相関を分析することで定量的なビジネス活用も可能

過去の投稿を知る事でユーザーのトレンド変化を察知!

ソーシャルメディアはユーザー自身の興味・関心事を表現します。投稿内容もニュースに関する感想や、自身の趣味や出来事を投稿したりと様々。

ソーシャルリスニングツールを活用し、現在だけでなく、過去のトレンドを知ることで、現在の状態が過去からの継続的なものなのか、突発的なものなのかを分析する事ができます。 Twitterにおいては、2010年7月以降の投稿データを全量抽出・分析する事が可能です。

さらに、多言語に対応しているため、外国人の日本における興味関心の移り変わりも知る事ができます。

目的に応じた評価軸でソーシャルデータを分析可能!

ソーシャルデータを分析するにあたり、通常はポジティブ(好意的)ネガティブ(否定的)ニュートラル(中立的)と大きくグループに分かれます。

しかし、企業にとって必要な分析は各グループの割合ではなく、ポジティブ(好意的)にはどのような要素があるのか、その要因を把握することが大切です。ツールによってはグループ分けされた内容から要因を手作業で分けなくてはなりません。

Crimson Hexagon ForSightは独自アルゴリズムにより、要因分析まで知る事が出来ます。

定量的な情報と掛け合わせて、より価値のあるデータに

ソーシャルリスニングによって得られるデータは定性的な情報のため、分析目的によっては単独のレポートでは、「ビジネスシーンにおいて有効活用できないのでは?」と思われがちです。

しかし、定量的なデータと掛け合わせることで、売上や顧客数などの補完データとして活用する事が出来ます。

Crimson Hexagon ForSightで独自の評価軸で分析したデータを活用し、売上向上の要因や会員が離脱した原因等、ソーシャル上でのユーザーボイスがどう影響しているのかを知る事で顧客ニーズを反映したビジネス展開が可能になります

ブレインパッドへのお問い合わせは、こちらからお気軽にどうぞ。

株式会社ブレインパッドはCrimson Hexagon ForSightの日本の総代理店です。